実戦WOMAN
ウェブライティングコース〈2期〉
【短期速習】女子的
「文章の筋トレ」、教えます。

講師:河崎 環

ウェブライティングやSNSこそ「素人の文章じゃダメ」。そんな時代を生き残れる「価値のある女」になるために

損する文章、得する文章

この講座に興味を持ってくださる方々は、もともと文章を読むのがわりと好きな方だと思うのです。書籍や雑誌だったり、新聞だったり、ウェブ記事もよく読むよ、色々な人のSNSもチェックしているよ、なんて方も多いのかもしれません。

で、ときどき思いませんか? 「それはないんじゃないかなぁ〜」。電車の中で読んでいたウェブ記事だったり、自宅のリビングで読んでいた誰かのSNS投稿だったり、どこかの掲示板の書き込みだったり。「ちょっと配慮が足りないと思う」。文章にガッカリさせられる瞬間です。

そうかと思えば、文章が目に入った先から鮮やかな風景がまざまざと思い描けたり、まるで人物がそのまま映像で目の前に現れて生の声で喋りかけてきたり、文字列を追っているだけなのに「うわ……」って涙が止まらなくなったり。それは、文章が読み手に「ここではない何処か」へ飛んでいける翼を授けてくれる瞬間なんです。

炎上、多様性、コンプライアンス。発言が微妙な時代だからこそ

そうなんです、ウェブの文章って、実は今の時代に私たちが一番目にする文章。「しかも」、パソコンやスマホの画面から、実にダイレクトに勢いよく目に飛び込んでくる。「なのに」、プロから素人まで、真実もフェイクニュースも玉石混淆のカオス状態!

SNSの発信で(得をしているつもりで)損をしている、あの人たち。バランスを欠いた表現で炎上してしまう、あの記事や広告。世間を反面教師にして、私たちは考えます。「このカオスに溺れずに生き残るためにはどうしたらいいのか?」、「翼を得て、”玉石混淆”の”玉”の方になるには?」。

ネットは、ちょっとした世界ならワンクリックで良くも悪くもひっくり返してしまう、諸刃の剣。世界が多様化する中で、発言にデリカシーと大胆さと(正反対の!)両方が求められるのです。

女周りのライティングのプロが教える、女の「文章の筋トレ」

多様で、カラフルで、エキサイティングな世界が広がるこれからに向けて、私たちは柔らかで硬く、繊細で大胆で、近くも遠くも、低みも高みも自在に描く、そんな均整のとれたしなやかな筋肉をつけましょう。

大丈夫、筋トレと言ったって、普段あなたがウェブで普通にあれこれを読んだり書いたりする延長線上のこと。もしあなたが現状に満足していなかったり、様々な事情でいまは仕事を休んでいるなど、「現在の私は、本当の私ではない」と思っているのなら。かつての私と同じ「未来を見ている女」なら、始めましょう。正しいポジションと負荷を知れば、書きたい文章が書けるあなたにきっとなれるんです。

受講について

①新型感染症による影響で教室開催を中止し、「オンライン受講」のみとなっております。

②本講座は2020年の4月〜6月に行われた第1期の講義を編集したものです。

③お申し込みの期限は10月8日を予定しておりますが、定員を大幅に超過した場合、早期に締め切る場合もございます。

④講義開始前に簡単な「事前課題」がございます。詳細は、講義画面の「はじめにお読みください」をご確認ください。

講座概要

講座名

実戦WOMAN
ウェブライティングコース〈2期〉
【短期速習】女子的
「文章の筋トレ」、教えます。

期間

全5回講座
10月9・23日
11月6・20日
11月27日(金):課題ウェブ記事(2000〜3000字程度)提出日
12月18日(課題講評)

※隔週金曜日18時より配信開始
※いつでもお好きな時間に、何度でもご覧いただけます。

受講費

36,300円(税込)
※クレジットカードでのお支払いとなります。「銀行振り込み」をご希望の方は、
最下部のリンクではなく「お問い合わせ」からメールをお送りください。

対象
  • 以下のような“野望”を隠し持つ人びと。
  • ・文章が好き。ウェブや紙媒体で書くことに憧れる
  • ・SNSが好き。人の記憶に残る、「刺さる」言葉を書いてみたい
  • ・文章をセンスに頼って書くのではなく、再現性のある論理的基礎力をしっかり鍛えたい
  • ・ウェブと他媒体とでは、ライティングの性格がどう違うのかを知りたい
  • ・コンプライアンス時代と呼ばれるいま、メディアでの「女性」の扱いをどうすればいいのかを知りたい
  • ・現役ライターに自分の文章を読んでもらい、感想や評価を聞きたい
カリ
キュラム

①10月9日(金)
ウェブ記事を書く 〜企画からインタビュー・取材まで
ウェブ記事やウェブコラムは、企画内容でその価値の半分が決まると言っても過言ではありません。あなたが興味を持つジャンルの、どのトピックのどう言った切り口がひとの興味をそそるのか、記事として成立し、クリックされ得るのか。あらためて取材が必要であれば、取材先(人物)の選定、交渉はどのように進めるのか。河崎が実際に使ってきた企画書、取材依頼書、そして連載が決定するまでの道筋など、裏エピソードを大公開です。

②10月23日(金)
ウェブ記事を書く 〜文章執筆(基礎編)
2019年秋学期の立教大学社会学部での講義で、学生たちが最も「印象深かった」とコメントした、河崎の文章教室を再現。現代文、古文、漢文、小論文そして英語の塾・予備校講師をしてきた河崎ならではの、正確な文法を叩き込みながらも、そこから自由にエレガントに表現する文章術とは。

③11月6日(金)
自分のウェブ記事を書く 〜文章執筆(応用編)
基礎編に続き、応用編では字数キャパに合わせた「刺さる文章」「忘れられない文章」「最後まで読ませる文章」への独自の展開術を教えます。他言無用、門外不出。皆さんの心の中にとどめておいて。

④11月20日(金)
自分のウェブ記事を書く 〜文章執筆(演習編)
課題提出直前の講義では、最後のブラッシュアップを図るべく、記事の価値を最終的に宝にもゴミにもする「タイトル術」にフォーカスします。いま読まれているウェブメディアの現役編集者やライターたちは、読者にクリックされるためにどんなタイトルをつけているのか、その意図やルール、テクニックとは? (※この授業の翌週に、課題提出を予定しています。)

⑤12月18日(金)
講評・反省会
課題に朱入れをし、返却します。原則として全員の作品を匿名で取り上げ授業内で共有し、どこが優れているのか、どこが「面白く」、「刺さり」、「読まれる」のか、企画そのものから文章の細部まで、質の高いウェブライティングのあり方を考えていきます。