【男子禁制】性と愛について
書き始めたいあなたへ
官能小説家が教える
"タブーを強みに変える"ノウハウ

講師:大泉 りか

「女が性愛を語る」を武器に

誰もが関わるテーマなのにタブーとされる〈性愛〉

タブーとされることの多い反面、どうしようもなく惹かれる人も多い<性愛>のこと。官能小説が書いてみたい、体験をもとにしたコラムを発表したい、ラブグッズやイベントなど、アダルトなカルチャーを発信したい……そう考える女性も、決して少なくないと思っています。 けれども、<性愛>はごく私的なテーマであり、また、人を傷つける暴力性を秘めてもいます。アダルトなテーマを仕事にするということで、「はしたない女性」と差別される場合もあれば、「そういったことには寛大なはず」と勘違いされ、セクハラを受けることもまったくないとは言い切れません。

誰だって〈性愛〉について発信していい

けれども、<性愛>をテーマにすることに引け目に思うこともなければ、何か嫌なことをされた場合に「これくらいは仕方がない」と思う必要は一切ありません。女性だって堂々と性愛のことを発信していいのです。 学生時代に男性向けアダルト誌でライターデビュー以後、23年間、様々なアダルトメディアで生き抜いてきました。そのノウハウをこの講座ですべて公開したいと思っています。

デビューしやすいジャンルだからこそ、長いキャリアを見据え

「そういや、昔、アダルトメディアで活躍をしていたあの子、どこに行っちゃったんだろ?」「さぁ、結婚でもして、幸せに暮らしていたらいいよね」 これは、アダルトメディアで仕事をする人たちが集まった飲み会などで、よく聞く会話です。残念なことに、若くしてデビューしても、いつの間にかいなくなってしまう、ということが多いこの業界。もちろんそれが本人が「もう、書きたいものは、すべて書ききった」と見切りをつけてのことならばいいですが、才能や若さを消費され尽くした結果だとしたら少し悲しく思えます。が、一方で「現れては、消えていく」というのはデビューのしやすさが関係しているとも思います。そう、<性愛>というジャンルは、素人から原稿料をもらえるプロへとデビューのしやすいジャンルでもあるのです。 <性愛>のことを描きたいという女性が、10年後も、消えることなく、自分の書きたいと思う原稿を発表し続けるためのお手伝いが出来たら幸いだと思っております。

 

講師プロフィール

大泉りか

1977年東京都に生まれる。大学在学時よりライターとして主に成人誌で活躍。卒業後、編集プロダクションに就職し、風俗サイトの編集者となるが、半年で辞めてフリーランスに。書籍やグラビア誌の編集者と並行して、主にアダルト系の雑誌などに著名原稿を発表。2004年に『ファック・ミー・テンダー』(講談社)でデビュー。以後、官能小説や女性向けポルノノベル、エッセイから、インタビュー、ルポなど多岐のジャンルに渡り、雑誌、ウェブ、スポーツ新聞といったオールジャンルで活躍する。また、女流官能小説家による女性のための妄想あふれるトークショー『女の秘蜜 妄想ノススメ』(CSエンタメ〜テレ)でメインMCを担当するなどマルチに活躍。

受講について

①本講義は「実際の教室での開催(新宿駅周辺を予定)」「オンライン受講」のふたつの受講方法を選択していただけます。「ずっとオンラインで受講する」「通える日だけ教室で受講する」など、ご自由に組み合わせていただけます。

②教室の住所は受講生にのみ発表となっており、受講料のお支払い後に表示される受講画面から確認することが可能です。

③ディスカッションなどでの安全に配慮し、教室での受講は「女性限定」となっております。男性は「オンライン受講」のみにて受講していただけます。なお、教室には通わずにオンライン受講のみを希望する女性、および全ての男性は、お支払い時に「ONLINEONLY」のクーポンコードを入力していただくことで、受講料が4000円オフとなります。

④新型感染症の影響によっては、教室開催を中止する場合がございます。その場合、講義はオンライン配信のみで行われます。こちらも受講画面からご確認いただけます。

⑤お申し込みの期限は9月30日を予定しておりますが、定員を大幅に超過した場合、早期に締め切る場合もございます。

⑥講義開始前に簡単な「事前課題」がございます。詳細は、講義画面の「はじめにお読みください」をご確認ください。

講座概要

講座名

【男子禁制】性と愛について
書き始めたいあなたへ
官能小説家が教える
"タブーを強みに変える"ノウハウ

期間

全6回講座
10月1・15日
11月5・19日
12月3・17日
※第1・第3木曜日19時~20時30分
※講師の体調不良や災害・事故によって、日程は変更になる場合がございます

受講費

36,300円(税込)
オンライン受講のみの場合は4000円オフとなります。
※クレジットカードでのお支払いとなります。「銀行振り込み」をご希望の方は、
最下部のリンクではなく「お問い合わせ」からメールをお送りください。

対象
  • ・官能小説家になりたい方
  • ・性愛をテーマにしたコラムを書いてみたい方
  • ・アダルトジャンルに特化したライターになりたい方、興味のある方
  • ・ご自身のキャラクターを生かした原稿を発表したいという方
  • ・ライティングだけではなくテレビに出演したり、ニュースにコメントなどを寄せる“アダルトの専門家”になりたいという方
  • ・アダルト業界のことが気になる方
  • ・性愛について発信したいけれど、身バレやセクハラやレッテル貼りが不安な方
  • ・性愛について本音で話したり情報交換したりできる、安心・安全なコミュニティや仲間づくりに興味がある方
カリ
キュラム

①10月1日(金)
第1回 <性愛>ジャンルの基礎知識
性愛をテーマに書く場合、まず最初に男性向け/女性向けというくくりが出てきます。また、その中にもそれぞれ、AVレビュー、アダルトグッズレビュー、モテノウハウ、風俗体験ルポ、官能小説、コラムといったジャンルがあります。それぞれ、どういったメディアがあるのか(ウェブ、雑誌、書籍、スポーツ新聞など)、アダルト系のライティングの基礎知識について、お話します。

②10月15日(金)
第2回 <性愛>ライターとして、どうやってデビューするか、どうやって続けていくか
「性愛をテーマに書く」中で、文章力の付け方や、ブランディング、営業の方法など、どうやってライターとしての強みをつけていくかについてお話します。

③11月5日(金)
第3回 女性で「性愛をテーマにする」ということのメリット・デメリット
正直なところ、女性だからこそのメリットもあればデメリットもあります。例えばデビューのしやすさやセクハラ、逆セクハラなど。また、「顔出しをするか否か」「ペンネームを使うか本名でいくか」といった、必ず突き当たる問題についても考えていきたいと思います。

④11月19日(金)
第4回 官能小説の書き方
官能小説を書いてみたいと考えている人はもちろんのこと、そうでなくとも、官能表現を知ることで、仕事の幅は広がります。官能小説の書き方から、書いたものをどう仕事とする(=ギャランティーを発生させるか)についてお話します。

⑤12月3日(金)
第5回 性愛系のコラムを書くこと
性愛や恋愛など、自分の体験だったり身近な人から見聞きしたことをもとに書くことの多いコラム。テーマの決め方や自分や他人の「私生活を書く」ことで生じがちな注意点や問題などをお話します。(※この授業の一週間後に、講座これまでの五回の講座を通じて、もっとも自分が「書きたい」と思った形式[ルポ、インタビュー、官能小説、コラムなど]で、性愛をテーマに課題を一本仕上げていただき、提出を予定しています)

⑥12月17日(金)
第6回 卒業制作の発表会
提出いただいた課題を、朱を入れて返却します。また、受講者に提出いただいた原稿を配布をし、優れた課題について、クラスで共有しつつ、それぞれの良さや反省点について考えていきたいと思います。