未来はもっと選べる。
「言葉のプロたち」が10代に贈る働き方・生き方講座
中高生向け
無料オンライン講座

講師:肥沼和之 他

「大人になる」って、自由になること。

価値観はひとつじゃない

とつぜんですが、みなさんはいつから、どうやって働くのでしょう? 高校や大学で就職活動をし、卒業後に会社に入る……となんとなく想像しているけど、具体的にはあんまりイメージできない人もいるのではないでしょうか。

社会に出る前も、出た後も、きっとみなさんはたくさんの悩みにぶつかります。就職活動中は「どんな仕事をしたいのかわからない」「希望する会社に入れなかった」、就職後は「したかった仕事なのに楽しくない」「会社の雰囲気が合わない」など。

仕事だけではありません。恋愛、結婚、趣味、人付き合いなどさまざまな場面で、「どうすればいいのか?」「そもそも、自分はどうしたいのか?」と、迷うことがあるでしょう。

そういったとき、解決のカギになるのは「できるだけたくさんの価値観を持ち、選択肢や可能性を増やすこと」だと、わたしたち〈月吠えライタースクール〉は考えています。

変わる時代に、変わらないこと

みなさんが生きることや働くことについて、「できるだけたくさんの価値観」を育み、これからの時代をもっと自由に楽しく生きられるように。わたしたち〈月吠えライタースクール〉は8人の「言葉のプロ」の講座を通して、さまざまな「生きること・働くことについての価値観」を伝えたいと思いました。

「言葉の持つ力」は非常に大きく、上手に使いこなすことで、働きやすさや生きやすさに必ずつながるからです。また、これから生きていくなかで、人としての「大事な基礎」にもなります。

コロナウィルスの流行によって、学校が休みになったり、部活がなくなったりと、みなさんの生活は大きく変わったことでしょう。世の中全体を見ても、働き方や生活の価値観がどんどん変わってきています。

それでも、「言葉の力」の価値は変わりません。直接会うことが難しい今、むしろその価値はどんどん上がってきています。この講座を見てくれたみなさんが、改めて言葉の大事さに気づき、そして生きることや働くことについて、さまざまな価値観を持つようになってくれることを願っています。

講師陣

肥沼和之

広告代理店勤務を経てフリーランスへ。主な執筆分野はルポルタージュ、報道系(主に社会問題)、働き方など。東洋経済オンライン、NewsPicks、弁護士ドットコムニュース、Yahoo!ニュース特集、ジモコロなど多数のメディアで執筆。著書に「フリーライターとして稼いでいく方法、教えます」(実務教育出版)など。技術や収入アップの方法論だけでなく、「好きなこと・したいことをいかに実現するか?」「自分らしさをどう発揮するか?」に主眼を置いた指導が特徴。新宿ゴールデン街にある文壇バー「月に吠える」の店主でもある。

ラリー遠田

1979年、愛知県名古屋市生まれ。東京大学文学部卒業。テレビ番組制作会社勤務を経て、作家・ライター、お笑い評論家に。テレビ・お笑いに関する取材、執筆、イベント主催など多岐にわたる活動を行っている。お笑いムック「コメ旬」(キネマ旬報社)の編集長を務めた。「イロモンガール」(白泉社)の漫画原作、「教養としての平成お笑い史」(ディスカヴァー携書)、「とんねるずと「めちゃイケ」の終わり〈ポスト平成〉のテレビバラエティ論」(イースト新書)など著書多数。

石川智健

1985年神奈川県生まれ。25歳のときに書いた『グレイメン』で2011年に国際的小説アワードの「ゴールデン・エレファント賞」第2回大賞を受賞。2012年に同作品が日米韓で刊行となり、26歳で作家デビューを果たす。『エウレカの確率 経済学捜査員 伏見真守』は、経済学を絡めた斬新な警察小説として人気を博し、シリーズ最新作『エウレカの確率 経済学捜査員VS.談合捜査』も好評を得る。また2018年に『60 誤判対策室』がドラマ化され、注目を集めた。

栗田シメイ

1987年生まれ。広告代理店勤務を経てフリーランスに。スポーツや経済、事件、海外情勢などを幅広く取材する。『Number』『Sportiva』といった総合スポーツ誌、野球、サッカーなど専門誌のほか、『FRIDAY』、『週刊プレイボーイ』、『週刊SPA!』など各週刊誌、ビジネス誌を中心に寄稿。『甲子園を目指せ! 進学校野球部の飽くなき挑戦』など、構成本も多数。南米・欧州・アジア・中東など世界30カ国以上で取材を重ねている。

hotaru

2008年、作詞家としてデビュー。同時に作家事務所、株式会社F.M.Fと専属契約。以降、「けいおん!!」など主にアニメ関連楽曲を中心に活動。現在までのリリース楽曲はおよそ400曲。現在は作家活動のほか、アーティストユニット「MYTH & ROID」に参加。2016年に作家事務所、株式会社TaWaRaを共同設立。

大泉りか

1977年東京都に生まれる。大学在学時よりライターとして主に成人誌で活躍。卒業後、編集プロダクションに就職し、風俗サイトの編集者となるが、半年で辞めてフリーランスに。書籍やグラビア誌の編集者と並行して、主にアダルト系の雑誌などに著名原稿を発表。2004年に『ファック・ミー・テンダー』(講談社)でデビュー。以後、官能小説や女性向けポルノノベル、エッセイから、インタビュー、ルポなど多岐のジャンルに渡り、雑誌、ウェブ、スポーツ新聞といったオールジャンルで活躍する。また、女流官能小説家による女性のための妄想あふれるトークショー『女の秘蜜 妄想ノススメ』(CSエンタメ〜テレ)でメインMCを担当するなどマルチに活躍。

伊藤守男

スターティアラボ株式会社ごきげんビジネス出版編集長。デジタルマーケティングを駆使した電子書籍マーケティングに強い国内屈指の編集者。 電子書籍の新たな可能性を確信し、電子ブック制作ソフト『ActiBook』でebook市場を牽引するスターティアラボ株式会社へ入社。出版×デジタルマーケティングを武器に、電子出版という、ネット書店で購入できる電子版とオンデマンド本を組み合わせた出版方式で、国内唯一の商業出版を実現。著者300名、発行数500タイトル、総ダウンロード数50万DL以上の実績を誇る。

河崎環

1973年京都生まれ神奈川育ち。慶應義塾大学総合政策学部卒。子育て、政治経済、時事、カルチャーなど多岐に渡る分野で記事・コラム連載執筆を続ける。欧州2カ国(スイス、英国)での暮らしを経て帰国後、Webメディア、新聞雑誌、企業オウンドメディア、政府広報誌など多数寄稿。2019年より立教大学社会学部兼任講師。社会人女子と中学生男子の母。著書に「女子の生き様は顔に出る」、「オタク中年女子のすすめ #40女よ大志を抱け」(いずれもプレジデント社)。

受講について

本講座は中学生・高校生の皆様に向け、無料で提供しております。購入画面に「110円」と金額が表示されていますが、これはシステムの都合上、0円という設定ができないためです。実際は受講に際して、一切お金は発生しませんのでご安心ください。

以下に受講方法を説明いたします。

(1)ホームページから無料会員登録を行って、アカウントを作成してください。

(2)[email protected]にメールをお送りください。

 ・メールの件名に「中高生向け無料講座 視聴希望」と記載ください。

 ・本文には「お名前(ニックネーム可)「年齢」「お住まいの都道府県」を記載ください。

 ・親御様からのお申し込みも可能です。

 ・いただいた情報や連絡先は適切に管理し、講座の視聴手続き以外には一切使用しません。

(3)こちらでメールを確認し次第、視聴手続きを行い、折り返し連絡いたします。その後、ホームページより中高生講座のすべての講義動画が見られるようになります。

クラウドファンディング

本講座の製作費は、クラウドファディングによってご支援いただいております。

以下、多くの支援をくださった方々のお名前を掲載しております。


イムラ様/四畳半しけこ様/たむらなおひろ様

るんみち様/小谷俊介様/しゃけ弁当様

スナックトマトとぶ様/伊藤守男様/上原隆様

講座概要

講座名

未来はもっと選べる。
「言葉のプロたち」が10代に贈る働き方・生き方講座
中高生向け
無料オンライン講座

期間


無期限で無料配信させていただきます。

受講費

無料

対象
  • ・すべての中高生
カリ
キュラム

①肥沼和之
エモい言葉の作り方
言葉と向かい合うことで人生を切り開いてきたジャーナリストである肥沼和之が、自分の心と言葉を一致させて、「エモい言葉」を作り上げる方法についてお教えします。

②ラリー遠田
好きなことを仕事にする方法
昔から大好きだった「お笑い」を専門分野に仕事をしているラリー遠田が、「好きなことを仕事にする」ためには何をすればいいのか、中高生時代から始められる習慣や考え方についてお教えします。

③石川智健
お金を稼ぐ手段としての小説家
兼業小説家として活躍している石川智健が、「お金を稼ぐ手段」としての小説家という職業の魅力について、他では聞けない実体験を交えながら解説します。

④栗田シメイ
ネット情報との上手な付き合い方
現役の週刊誌記者である栗田シメイが、SNS時代に「ネットの情報」をどのように活用すればいいのか、デマや悪口に傷付いたり、加担してしまわないためには何に気を付ければいいのかをお教えします。

⑤hotaru
日記のすすめ
作詞家であるhotaruが、今の自分の気持ちや考え方を整理するために効果的なツールである「日記」の書き方についてお教えします。

⑥大泉りか
これからセックスをするあなたへ
パートナーとより楽しく、幸せな関係づくりのために。セックスの際に気を付けることや、避妊の知識など、官能小説家の大泉りかが性をマジメにレクチャーします。

⑦伊藤守男
いつか本を出したい君へ
自分の本を出すために、中高生のうちからしておくと良いことがあります。ベストセラーになった本の著者を例に、本づくりのプロが解説します。

⑧河崎環
ダルい受験勉強を攻略して文章の魔術師になる方法
英語、現文、古文、漢文、小論文。コラムニストとしてメディアで活躍する以前は塾・予備校講師だった河崎環が、普段のベンキョーの中に潜む、親も教師も知らない「感嘆レベル文章」の意外なトリックをそっと教えます。

動画を視聴くださった中高生の方で、感想や講師への質問がありましたら、ページ下部の「お問い合わせ」から気軽にご連絡ください!